子供が小学5年生の時にわきがに気づきました

娘が臭いで泣かされてしまった

子供 わきがわきがに効くデオドラント

それから3カ月が過ぎて暑い夏の時期に差し掛かったころに、小学校から帰ってきた娘に相談を受けました。
娘は学校で男の子の友達にくさいとからかわれてしまったようです。
それをとても気にしていて、私に相談しながら娘は泣き出してしまいました。
私はこれはどうにかしなければならないと思い、朝しっかりと汗ふきシートなどで拭いてから学校に行くなど様々な対処をしてみましたが、なかなかにおいは良くならず、それどころかどんどんにおいが強くなるような感じがしました。
娘は学校に行きたくないとまで言うようになったので、私は病院に行くことを決めました。
インターネットで調べてわきがの症状が気になる場合には皮膚科に相談するということがわかりました。
家の近所のかかりつけの皮膚科に相談しようと思ったのですが、娘があまり知られたくないということだったので、少し遠いけれどもわきがに詳しい皮膚科を見つけて、そちらに通うことに決めました。
病院に行って相談すると、子供のわきがの場合にはだいたい小学校4、5年生あたりから症状が出てくると教えてもらいました。
そしてそしてこのような場合、たいてい母親が父親に症状がみられ、片親に症状がある場合には70パーセントの確率で遺伝するということを教わりました。

夫の臭いかと思ったら…娘が臭いで泣かされてしまった誰にもバレることなく治療できた