子供が小学5年生の時にわきがに気づきました

誰にもバレることなく治療できた

子供 わきが | わきがに効くデオドラント

娘を見てもらい最初は手術以外の方法で様子を見ることになりましたが、半年ほど頑張ってみても効果がなかったため、娘の希望もあって手術に踏み切ることになりました。
手術にはさまざまな方法があり、先生から詳しい説明を受けました。
手術といってもメスを使う方法とメスを使わずに切ることがなく、傷跡も残らない方法がありました。
女の子ということもありもちろん切らない手術を希望しました。
その手術の名前はミラドライと呼ばれるもので、その最大の特徴は皮膚の表面を切ることなく手術ができるということでした。

子供の頃
くすり屋さんの看板に
わきが
って書いてあって
[だから、脇がどうしたんだろ?]ってのは思い出です https://t.co/nnQbZFid7R

— まさみ‎ (@fw_jc) 2018年7月5日
皮膚を切らないため傷跡も残らず、多少の腫れはあるものの日常生活に影響はなく、子供であっても負担がかからない程度に麻酔を使うことができるものです。
また手術後も安静の必要もなく、学校で手術を受けたことが周りにばれてしまうこともないので、子供の心にとっても体にとっても良い方法だと感じました。
金曜日に学校を早退して、その日の午後に手術を受けました。
手術後は傷を固定することもなく、ほぼ普段通りの生活を送ることができ、月曜日からは通常通り学校に行くことができました。
においがなくなって子供も自信を持って学校に通えるようになり、うれしく思っています。

夫の臭いかと思ったら…娘が臭いで泣かされてしまった誰にもバレることなく治療できた